ご提案事例

六本木某所 オフィスビル内 120坪飲食店舗 ワンフロアスケルトン工事

六本木某所 オフィスビル内 120坪飲食店舗 ワンフロアスケルトン工事

他社⾒積
1,560万円(請求)
弊社⾒積1,140万円(請求)
コスト削減額
420万円

オフィスビル内にある飲食店舗の閉店に伴い、1フロアを
2つの店舗(カフェ・寿司店)に分けて建築されていたものを、
1店舗仕様に戻すスケルトン工事を行いました。

弊社では、スケルトン工事だけでなく、不要な設備や什器類の
買取・撤去までをワンストップで実施いたしました。
各店舗には様々な種類の什器・厨房機器等が残されており、
通常であれば、複数の買取業者に分離発注が必要なところ、
弊社が一括で業者の選定から買取撤去を請け負うことで、
お客様のお手間も大きく削減することができました。

また、設備や什器を買取るだけでなく、
通常は工事の際に解体発生材として廃棄されてしまう、
吊ボルトや配線、業務用室外機等を素材として買取ることで、
産廃費用を抑え、コストを削減することができました。

工事費用と有価物の売却益を相殺することで、
通常のスケルトン工事のみを行った場合と比較して、
工事費用を420万円抑えることができました。


<買取対象物>
店舗什器、厨房機器類、LGS、吊ボルト、弱配線、幹線、
業務用室内外機、キュービクル



⇒もっと詳しく

施設総合研究所とは?

主要取引先

Before&After

Before①

Before②

After①

After②

作業風景
施設総合研究所とは(アット・ファシリティラボ株式会社)

原状回復工事・解体工事にかかるコストは、企業にとって非生産投資であるにも関わらず、非常に大きな負担となります。設備や工場の解体・撤去費用がネックとなり、未来の事業計画が頓挫していませんか?

施設総合研究所(アット・ファシリティラボ株式会社)はそんなお悩みを抱えた全国の企業様から問題解決のご依頼をいただき、共に歩み、解決してまいりました。

それにより蓄積されたノウハウを基に、設備・機器・什器の有価物買取など、様々な角度からのアプローチをすることで、「費用相殺」を行い、各種コスト削減への扉を開きます。

アット・ファシリティラボ株式会社
(旧社名:リユース・パートナー株式会社)

お問い合わせはこちら

〒104-0032
東京都中央区八丁堀3-26-8 高橋ビル6階
TEL : 03-6280-4373
FAX : 03-6280-4374

一覧に戻る
その他の事例

工場・大型設備・物流倉庫

撤去費用がネックで、休眠している工場はありませんか?工場ラインとしての評価はもちろん、部品ごとに査定が⾏えます。

商業施設・飲⾷店

商業施設の改装や設備の更新⼯事による設備機器の買取事例などをご紹介しています。

オフィスビル・什器

オフィス什器やエアコン・空調設備など、原状回復工事の際に不必要となる設備を買取することで、コスト削減が実現できます。

その他事例

撤去作業に費用がかかると思われる周辺機器も、買取が可能です。

Other その他
  • よくあるご質問
  • 用語集
  • コラム

お問い合わせ

  • 企業名
    電話番号
    メールアドレス
    担当者名
    問い合わせ目的
    • 見積りが欲しい
    • 話が聞きたい
    • 資料が欲しい
    • 営業
    • 協業提案
    • その他
    問い合わせ詳細
  • ※ご同意いただけない場合は送信ができません。

  • 03-6280-4373 10:00~17:00(土日祝日を除く)